しゃかいふくしほうじん かみしほろふくじゅきょうかい

社会福祉法人 上士幌福寿協会

求人有
写真_1
▲働きやすい職場環境作りを行っています

一人ひとりと向き合う「ユニットケア」で豊かな生活を実現

上士幌福寿協会は、上士幌町で初めて特別養護老人ホームを開設しました。利用者一人ひとりの個性や生活リズムに応じて暮らしていけるようにサポートする介護手法「ユニットケア」を取り入れ、12年が経ちます。導入のきっかけは元々、在宅ケアを担当していたスタッフが、施設に異動になった際にケア内容の違いに気付いたことでした。以降、「利用者本位のサービス提供と自立支援を目指して」という理念を大切に職員一丸となって進めてきた結果、日本中から視察が訪れる施設になりました。上士幌町では高齢者人口のピークを見据えたハードの整備は完了し、今後はソフト面での充実を推進していく予定です。

PICK UP

・上士幌町初の特別養護老人ホームを開設
・全国から視察が訪れる介護手法「ユニットケア」を導入
・職員住宅が複数あり、新築一戸建が2万円台で入居可能

働く環境働く環境働く環境

働きやすい環境にするため、交通費等も含めた必要経費の75%を補助する資格取得助成制度、連続1週間のリフレッシュ休暇、職員住宅などを用意しています。職員住宅は複数のタイプを用意。人気の新築一戸建ては月額4万円。住宅手当がその約半額分(19,500円)あるので、実質負担20,500円で住むことができます。

すずらん荘(桜)リサイズ
▲すずらん荘。春には桜がきれいです。
Falts Octa住宅リサイズ
▲一戸建てタイプの職員住宅です。
CIMG1748リサイズ2
▲職員一同お待ちしております!
先輩社員の声先輩社員の声

「ゆくゆくは両親の面倒を自分でみたい」という思いで、札幌からUターン転職しました。私が入職した10年前は、集団ケアからユニットケアに移行し始めた時期でした。札幌では集団ケアでしたが、こちらでユニットケアに携わるようになり、利用者1人1人の声を聴きたいという意識になりました。当たり前だけれど大切な「人と人として接する」ということを職員が日々意識し続けられているところが、当法人のいいところです。

写真_4
萱森 里恵(10年目)

同郷出身の主人との結婚を機に、自然に囲まれた環境での生活を求めて上士幌に移住しました。国立公園の中に住むことができることにひかれて、ぬかびらに家を構えました。こちらに来てよかったと思うことは、安心・安全な食品で子育てができること。国産品、とくに地元の十勝産のものが当たり前のように手に入り、食卓に出せるのは大きな魅力です。仕事の面でも、当初は資格をもっていなかったのですが、勤務先での資格取得支援の制度もあり、ヘルパーの資格、そして介護支援専門員の資格も取得することができました。大自然の中で暮らしながら、資格を取り日々利用者の方やその家族の方の心の支えになれていることが嬉しいです。

SONY DSC
河田 洋子(管理者・介護支援専門員)
会社概要会社概要
■事業内容

老人福祉施設の経営、及び高齢者の在宅福祉サービスの提供(運営施設・サービス:特別養護老人ホーム上士幌すずらん荘、デイサービスセンター、グループホームむかし館、ホームヘルプ、居宅介護支援事業ひまわり、地域密着型特別養護老人ホームこまくさ苑、小規模多機能型居宅介護まつば)

■所在地

上士幌町字上士幌東2線242番地

■代表者
理事長 柚原 幸二
■設立
昭和61年7月
■従業員数
102名
■電話番号
01564-2-4632
■e-mail
現在募集中の求人情報現在募集中の求人情報
=未経験者歓迎の職種
Copyright © kamishihoroshigoto.com All Rights Reserved.